不動産で利益を出すために

不動産での資産運用は、数ある投資の中でも最も有名なものの一つだと思いますが、この不動産を利用して利益を出す投資取引には、現在では二つの方法があります。

一つは従来の通りに、不動産の現物を購入して投資する方法と、もう一つは「REIT/リート(Real Estate Investment Trust)」と呼ばれる不動産投資信託を利用する方法です。

REITを利用した投資取引では、実際に不動産を購入することもなく、また、自身で土地の相場を見て売買取引を行う必要もありません。
投資信託の名の示すとおりに、REITは投資に参加する人たちの資産を取りまとめて、特に賃貸事業へ投資を行い、それを運営維持していくことでそこから得られるインカムゲイン、この場合は賃貸による家賃収入になりますが、これを求めて分配をしていく金融商品になります。

REITでは、投資家は資金を投入するだけで、他には何もすることがありませんので、その他の投資に時間を回したり、本業などを行って更に利益を上げていくことも可能であるために、現在人気を集めている投資方法になっています。

これに対して、実際に資金を用意し不動産を購入していくものが現物投資による不動産取引です。
現物投資を行う場合には、先ほどのREITのように不動産を賃貸にし、そこから賃貸収入を得てインカムゲインと求めていくものと、その安く買った不動産の価値を上げて転売し、そこから差益であるキャピタルゲインを求めていくものがあります。

不動産はその価格も高く、初期の費用が大きかったり、購入した後にも高い税金などで維持費がかかるために、投資資金を銀行などから借り受けたりする場合もありますし、また、キャピタルゲインを狙った現物投資であったとしても、売り手と買い手の交渉が長くことが当たり前で、例えば株取引のように簡単に売買することはできず、数年単位の時間を要することはざらにあります。

こうした事から、不動産の現物投資の場合には、それらの借金や税金の対策、売り手を探す間の資産維持のために、賃貸などを行いインカムゲインを求めていくことが一般的になります。

賃貸収入を得るためには、実は色々な手間がかかり、例えばマンションやアパートなどを現物投資して購入した場合で考えれば、その求めるものは賃貸による家賃収入になるのですが、これを行うためには、そのマンションなどの維持管理、リフォームなどが必要になりますし、集客力を上げるためにはリノベーション工事などを施して、より住環境を快適にして不動産の価値を上げる必要があります。

こうした事を行うために、不動産会社や広告会社、ビル管理会社や施工業者とのやり取りも行わなくてはならず、また、住んでいる店子からの要望やクレームにも対応しなくてはならないため、資産運用というよりは、会社経営に近い感覚が必要になるのです。

また、地震や火事などのリスクや、近隣との関係性など、考えられる問題は数多くあり、こうした事を取りまとめて賃貸経営を助ける専門の企業なども存在しているのです。

このように、大きな資産が必要であったり、困難な取り組みが多かったりという事で、不動産の現物投資では、競合する相手が比較的に少ないという特徴があります。
しかしながら、しっかりと賃貸経営が行き届き人気の高い物件になれば、安定した大きな収入が得られる資産運用法でもありますし、何よりも社会的意義の大変に強い投資になりますので、充分な資産と志があるのであれば、進んでみて悪くはない投資と言えるでしょう。